都市 再開発 法

  • 再開発事業に関するトラブル

    再開発事業問題とは将来的に新たな街づくりを行う際、複数の土地をまとめて一体的に建て替えることを都市再開発といいます。再開発事業問題とは、こうした都市再開発に伴う古い土地(元の土地)に住まれている方への立ち退き料の支払いを中心とした問題をいいます。 ■再開発と立ち退き料実際に再開発に際してどの程度の立ち退き料が支...

  • 裁判員が行う仕事と役割

    そして、判決の内容が決まった後は、廷で判決の宣告を行います。以上が、裁判員の仕事内容です。 裁判員制度は、裁判への関与を、律の専門家だけでなく一般の市民にも参加してもらうことを目的に設けられました。刑事裁判の有罪判決は、被告人の自由や権利を奪うものであるため、判決を基礎づける証拠の評価や評議は慎重に行わなけれ...

  • 裁判員制度とは

    たとえば、心身の故障により裁判員の職務の遂行に著しい支障のある場合は欠格事由、弁護士などの司関係者である場合は就職禁止事由、審理する事件の被告人又は被害者本人、その親族、同居人等に当たる場合は不適格事由に該当します。候補者ないし裁判員に選出された場合は、原則として辞退することはできません。もっとも、辞退事由に当...

  • 婚姻費用分担請求

    フェアネス律事務所は、東京都千代田区霞が関を中心として東京23区や藤沢市などで広く活動しております。離婚問題や相続などをはじめとした一般民事のほか、不動産問題や医療紛争など、特別分野と呼ばれる範囲まで取り扱っております。「住宅ローンについて財産分与の計算方が知りたい。」といったご相談にも真摯にお応え致します...

  • 子供の養育費

    なお、一方的に養育費の支払いがストップされるケースが後を絶ちませんが、そうした事例では的措置によって支払いを求めていくことも可能です。 フェアネス律事務所は、東京都千代田区霞が関を中心として東京23区や藤沢市などで広く活動しております。離婚問題や相続などをはじめとした一般民事のほか、不動産問題や医療紛争など、...

  • 親権・監護権

    フェアネス律事務所は、東京都千代田区霞が関を中心として東京23区や藤沢市などで広く活動しております。離婚問題や相続などをはじめとした一般民事のほか、不動産問題や医療紛争など、特別分野と呼ばれる範囲まで取り扱っております。「住宅ローンについて財産分与の計算方が知りたい。」といったご相談にも真摯にお応え致します...

  • 離婚の種類と手続き

    「離婚を成立させるための方にはいくつかの種類があると聞いたが、それぞれどういった手続きが必要になるのだろうか。「離婚協議が思ったように進まず、離婚できないでいる。どうにか離婚を成立させたいが、どうすればよいのだろうか。離婚を検討されておられる方のなかには、このように離婚の種類やその手続きについてお悩みになられて...

  • フランチャイズ紛争

    損害賠償請求には「債務不履行」に基づくものと「不行為」に基づくものが考えられ、フランチャイズ契約においてはどちらの請求も構成し得ます。まず、加盟店側から本部側に対して行われる損害賠償の例としては、予想売上又は予想収益に関するものがあります。過去の判例において、予想売上又は予想収益に関しフランチャイザーに説明義務...

  • 契約上のトラブル

    損害賠償請求とは、相手方の「債務不履行」あるいは「不行為」によって損害を受けてしまった場合に、金銭的な補償をしてもらうことのできる請求をいいます。「債務不履行」とは、相手方と契約関係にある場合で、相手方が契約に基づく債務を履行しなかったとき、これに当たります。「不行為」とは、相手方が律に反する行為をしたとき...

  • 犯罪被害

    損害賠償請求とは、相手方の「債務不履行」あるいは「不行為」によって損害を受けてしまった場合に、金銭的な補償をしてもらうことのできる請求をいいます。「債務不履行」とは、相手方と契約関係にある場合で、相手方が契約に基づく債務を履行しなかったとき、これに当たります。また、「不行為」とは、相手方と契約関係にあるかどう...

  • 損害賠償請求と手続き

    請求できるのは、大きく分けて2パターンとなり、相手方が契約を守らないなどの「債務不履行」のパターンと、相手方が違な手段を用いてきたなどの「不行為」のパターンがあります。それぞれ民に定められており、その条件を満たしていれば、請求ができます。請求は、個人だけでなく、企業などの団体にもすることが可能です。 ここで...

  • 企業法務を弁護士に依頼するメリット

    「民改正に伴って取引に利用している契約書の改定を行いたいと考えているが、どの部分を変えればよいか分からず停滞している。このように、企業務についてお悩みをお持ちの経営職の方、管理職の方は数多くいらっしゃいます。企業務については弁護士に相談することで、社内の負担を大きく軽減することが可能です。 ■弁護士の役割

  • コンプライアンス・危機管理

    「社員のコンプライアンス意識向上を図るため、コンプライアンス教育を行いたいが、適切な方が分からず実施できないままでいる。「自社ではリスクマネジメントの一環として内部通報制度を制定しているが、十分に機能しているかどうか分からず不安が大きい。このように、コンプライアンスや危機管理についてお悩みをお持ちの経営職の方、...

  • 訴訟・紛争解決

    このページでは、企業務にまつわる数多くのテーマのなかから、訴訟と紛争解決についてスポットライトをあてて、説明してまいります。 ■訴訟や紛争の解決の難しさ訴訟や紛争を解決することは、企業務の役割のなかでも、臨床務とよばれるものに属します。臨床務は、企業務の基礎ともいえる役割であり、企業にとって緊急性と重要...

  • 交渉・契約

    「民の改正があったと聞いたが、利用している古い契約書を更新する必要があるだろうか。「取引先から契約書の内容変更を打診された。当社にとっては不利となる可能性があるが、応じる必要があるだろうか。契約や交渉について、こうしたお悩みをお持ちの経営者の方、管理職の方は数多くいらっしゃいます。 このページでは、企業務にま...

  • 任意売却

     フェアネス律事務所は、東京都千代田区霞が関で、一般民事のほか、不動産問題や医療紛争など、特別分野と呼ばれる範囲まで取り扱っております。病院M&Aや、宗教人訴訟、ソフトウェア紛争等についても、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。ご依頼者様にとって最適な解決方をご提案させていただきます。

  • 賃料・家賃交渉

    貸主・借主ともに、土地の地価や建物の価格が上昇した時や、周辺の賃料・家賃相場と比べて不相当になった時、固定資産税等の租税の負担増減が発生した時などに、賃料・家賃の増減交渉をすることができます(借地借家32条1項)。 交渉にあたっては、最初に慎重な話し合いをする必要があります。話し合いがまとまらなかったら調停の申...

  • 建物明け渡し・立ち退き

    建物明け渡し・立ち退きを請求する手段として、任意で交渉をする方と、裁判で強制退去を求める方の2つがあります。すぐに退去してほしい場合や、裁判を起こしても賃借人の資力の問題で滞納額が払われないであろう場合などは、請求額を減額するなど、任意で交渉する方が希望に適うといえます。そして、貸主が鍵を交換して退去させる等...

  • 不動産売買契約

    ■不動産トラブルの解決方不動産売買トラブルが発生してしまった場合、①交渉→②調停→③訴訟、と手続きが進んでいくことになります。一般的には、交渉が決裂したら調停、調停がうまくいかなければ最終手段として訴訟となります。 いずれの手続きにおいても、弁護士などの第三者が介入することで、当事者間で冷静な話し合いができなく...

  • 遺言書

    遺言書はかなり形式的に厳格なところがあり、民の規定に沿った書き方をしていない遺言書は無効であり(民960条)、効力を持たない紙切れと化します。その場合は共同相続人全員の間でどのように遺産分割をするかについて協議(遺産分割協議)を行います(民907条1項)。 どのような場合に遺言書は無効となるのでしょうか。

  • 遺産分割協議後のやり直し

    なお、協議で除外されたり無視された相続人は自分の相続分の回復請求を自分の相続分の侵害が知ったときから5年以内にしなければ、時効が完成し消滅します(民884条。相続開始から20年経過した後も請求権は時効により消滅します)。特に無視されがちな相続人としては、胎児(民886条)や被相続人に対して離婚無効の訴えを起こ...

  • 遺産分割協議書を作成する

    被相続人(亡くなられた方)が生前に遺言書を残していれば、その内容に従って遺産分割を行いますが、遺言書を残していない場合には、「遺産分割協議」において遺産分割方を具体的に決定していくのです。そして、話し合いによって遺産分割方が決定したら、決定内容を「遺産分割協議書」に記録し、残しておきます。ここでは、「遺産分割...

  • 遺産分割調停とは

    被相続人が死亡した瞬間に遺産は相続人に承継されることになっています(民896条本文)。そして一般的に、被相続人の財産を共同相続人の間で分けるためにどのように遺産を分けるかを話し合いを行います。この協議は遺産分割協議と一般にいわれます。しかしながら、遺産分割協議をしても共同相続人間で話が合わなかったり、行方不明者...

  • 相続人の調査方法

    ■相続人の調査方相続人の調査方とは、以下のようなものになります。 ①被相続人の死亡日が書かれている戸籍を取得する②被相続人の出生が書かれている戸籍を取得する③相続人を判断する 定相続人として定められている、被相続人(亡くなった方)の父母、兄弟姉妹などを特定するためには、被相続人の親が筆頭者となっている戸籍ま...

  • 法定相続人の範囲

    定相続人とは定相続人とは、亡くなられた方の相続される財産を包括承継することのできる的な資格を持つ人のことをいいます。亡くなられた方の意思によって相続人を創造することができないため、定相続人とされています。 ■定相続人の範囲とは定相続人は、以下の2種類に限定されます。 〇血族相続人血族相続人は3種類存...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

昭和25年12月5日生まれ。慶應大学法学部を卒業。第二東京弁護士会に所属。弁護士として、30年以上のキャリアを持つベテランの弁護士です。


市民生活の法律問題全般や企業法務を幅広く扱っています。

また、社会問題への参画として日弁連裁判員本部委員を努めるなど、裁判員制度の推進・改善を目指す活動にも貢献。市民の皆様が裁判員として効率的に仕事ができるよう、有志で裁判員経験者との交流団体である裁判員経験者ネットワークを設立し、共同代表世話人として2ヶ月に一度、交流会を開催するなど、積極的な活動を続けています。


裁判員経験者ネットワーク https://saibanin-keiken.net/


弁護士 牧野 茂

所属団体
  • 第二東京弁護士会(17922)
  • 第二東京弁護士会裁判員センター
  • 日弁連刑事弁護センター幹事 
著書
  • 裁判員裁判のいま(成文堂)
  • 取調べの録画ビデオ~その撮り方と証拠化~(成文堂)
  • 「民事陪審は実現できる」(二弁フロンティア2020年1月2月論考)
  • 裁判員制度の10年(日本評論社)

事務所概要

名称 フェアネス法律事務所 弁護士 牧野 茂
所在地 〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル10階
電話番号 / FAX番号 TEL:03-3500-5330 / FAX:03-3500-5331
対応時間 平日:9:00~18:00 ※時間外も対応しております(要予約)
定休日 土・日・祝日 ※対応しております(要予約)
アクセス

地下鉄銀座線虎ノ門駅下車(7番出口より徒歩1分)

丸ノ内線・日比谷線・千代田線 霞が関駅下車 A12出口より 徒歩3分

  • 牧野弁護士
  • 事務所外観