不動産トラブルに関する基礎知識や事例

不動産トラブルは、①不動産売買のトラブル②不動産賃借のトラブル③その他契約時のトラブル、の3つに分類されます。

①の事例としては、以下のようなものが挙げられます。
・購入した新築住宅に欠陥があった(その際の保証や修繕費についても問題となる)。
・設計図と実際に完成した建物に違いがある。
・売買契約を解除したのに費用を請求された。

②の事例としては、以下のようなものがあります。
・マンション等に入居中、騒音や上の階からの水漏れなど、隣人間の問題が発生した。
・入居してみたら設備の一部が壊れていた。

そして、③の事例としては、入居した部屋がいわゆる「事故物件」であるにも関わらず事前に知らされなかった場合や、契約違反をしている借主を退去させたい場合などがあります。

このように、身の回りで起こりうる不動産トラブルですが、いざトラブルが生じてしまった場合は、冷静に対処する必要があります。
まずは、契約書などを見て、どのような契約内容だったかを確認することが重要です。そして、話し合いの内容やトラブルの経緯などは、後々役立つことがあるため、しっかり記録しておきましょう。

不動産トラブルは、請求額が高額であったり、個人間で解決できないケースが多いため、専門家である弁護士に早めに相談することをお勧めします。

フェアネス法律事務所は、東京都千代田区霞が関で、一般民事のほか、不動産問題や医療紛争など、特別法分野と呼ばれる範囲まで取り扱っております。病院M&Aや、宗教法人訴訟、ソフトウェア紛争等についても、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。ご依頼者様にとって最適な解決方法をご提案させていただきます。

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

昭和25年12月5日生まれ。慶應大学法学部を卒業。第二東京弁護士会に所属。弁護士として、30年以上のキャリアを持つベテランの弁護士です。


市民生活の法律問題全般や企業法務を幅広く扱っています。

また、社会問題への参画として日弁連裁判員本部委員を努めるなど、裁判員制度の推進・改善を目指す活動にも貢献。市民の皆様が裁判員として効率的に仕事ができるよう、有志で裁判員経験者との交流団体である裁判員経験者ネットワークを設立し、共同代表世話人として2ヶ月に一度、交流会を開催するなど、積極的な活動を続けています。


裁判員経験者ネットワーク https://saibanin-keiken.net/


弁護士 牧野 茂

所属団体
  • 第二東京弁護士会(17922)
  • 第二東京弁護士会裁判員センター
  • 日弁連刑事弁護センター幹事 
著書
  • 裁判員裁判のいま(成文堂)
  • 取調べの録画ビデオ~その撮り方と証拠化~(成文堂)
  • 「民事陪審は実現できる」(二弁フロンティア2020年1月2月論考)
  • 裁判員制度の10年(日本評論社)

事務所概要

名称 フェアネス法律事務所 弁護士 牧野 茂
所在地 〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル10階
電話番号 / FAX番号 TEL:03-3500-5330 / FAX:03-3500-5331
対応時間 平日:9:00~18:00 ※時間外も対応しております(要予約)
定休日 土・日・祝日 ※対応しております(要予約)
アクセス

地下鉄銀座線虎ノ門駅下車(7番出口より徒歩1分)

丸ノ内線・日比谷線・千代田線 霞が関駅下車 A12出口より 徒歩3分

  • 牧野弁護士
  • 事務所外観