欠陥住宅 裁判

  • 裁判員が行う仕事と役割

    裁判員は刑事裁判に参加します。刑事事件の審理に参加し、証人や被告人に対する質問を行います。また、証拠の取調べも行います。審理を終えたあとは評議を行います。審理を通して知った事実や証拠に基づいて、被告人が無罪であるか有罪であるか、刑はどのようにするかなどを裁判官とともに話し合い、決定します。重大事件について取り扱う...

  • 裁判員制度とは

    裁判員制度とは、国民が裁判官とともに刑事裁判に参加し、被告人が有罪であるか否か、有罪であるとしてどのような刑罰を課すかを判断するものです。殺人事件や放火事件など、国民の関心が高い重大犯罪について制度の対象となっています。 裁判員は毎年くじ引きで選出されます。まず、翌年の裁判員候補者となる人をくじで選び、その者の名...

  • 子供の養育費

    養育費算定表は、家庭裁判所で利用されている表で、それぞれの親の収入と、子どもの人数、年齢から、養育費の金額を算定できるようになっています。養育費算定表では、収入が低い親であっても、養育費の金額が定められています。 ■養育費を支払うのはいつまでか養育費の支払いは、原則として子どもが成人するまでとされています。しかし...

  • 離婚の種類と手続き

    夫婦関係調整調停、いわゆる離婚調停は、家庭裁判所で行われ、申立書など必要書類を作成して申立てを行うことで利用できます。離婚調停は離婚するかどうかといった問題だけでなく、子どもの親権や養育費など、離婚に付帯する問題についても論点として扱ってもらうことができます。また、離婚調停では原則として配偶者と顔を合わせる必要が...

  • フランチャイズ紛争

    その際に裁判上での争い方として、「損害賠償請求」が挙げられます。損害賠償請求には「債務不履行」に基づくものと「不法行為」に基づくものが考えられ、フランチャイズ契約においてはどちらの請求も構成し得ます。まず、加盟店側から本部側に対して行われる損害賠償の例としては、予想売上又は予想収益に関するものがあります。過去の判...

  • 損害賠償請求と手続き

    ここで示談が成立しなければ、裁判を起こすステップへと移行していきます。 以上が損害賠償請求についての基礎知識になります。フェアネス法律事務所では、損害賠償請求に関するご相談を受け付けております。お悩みの際には、ぜひ一度当事務所までご連絡ください。

  • 任意売却

    競売手続きは、裁判所によって強制的に行われます。 これに対して、競売手続きが行われる前に、ローンの支払いをすることができなくなった債務者が金融機関の合意を得て、(任意に)その不動産を売却することを「任意売却」といいます。任意売却をすることで、競売という最悪の事態を回避することができます。 ■任意売却の手順任意売却...

  • 賃料・家賃交渉

    話し合いがまとまらなかったら調停の申立てをし、調停も不成立となったら裁判で解決することとなります。 できる限り、貸主・借主の関係性を崩さない交渉をすることが望ましいですが、無理な賃料・家賃の金額設定である場合などに関しては、弁護士に相談することが好ましいといえます。特に賃料の値上げや減額の交渉は、調停や裁判を見通...

  • 建物明け渡し・立ち退き

    建物明け渡し・立ち退きを請求する手段として、任意で交渉をする方法と、裁判で強制退去を求める方法の2つがあります。すぐに退去してほしい場合や、裁判を起こしても賃借人の資力の問題で滞納額が払われないであろう場合などは、請求額を減額するなど、任意で交渉する方が希望に適うといえます。そして、貸主が鍵を交換して退去させる等...

  • 遺言書

    公正証書遺言を除いた遺言書の保管者またはこれを発見した相続人は、遺言者の死亡を知った後にすぐ遺言書を家庭裁判所に提出し、その検認を請求しなければなりません(民法1004条1項・2項)。また、封印のある遺言書は、家庭裁判所で相続人等の立会いの上開封しなければならないことになっています(同条3項)。検認を経ないで開封...

  • 遺産分割調停とは

    そこでこのような場合には家庭裁判所の遺産分割の調停又は審判の手続を利用することができます(民法907条2項)。つまり遺産の分割を裁判所に任せてしまおうということです。みんなの利害が絡む遺産分割ですので、共同相続人単独で家庭裁判所に請求をしてもよいかが問題となりますが、1人でも共同で行なっても良いです(民法907条...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

昭和25年12月5日生まれ。慶應大学法学部を卒業。第二東京弁護士会に所属。弁護士として、30年以上のキャリアを持つベテランの弁護士です。


市民生活の法律問題全般や企業法務を幅広く扱っています。

また、社会問題への参画として日弁連裁判員本部委員を努めるなど、裁判員制度の推進・改善を目指す活動にも貢献。市民の皆様が裁判員として効率的に仕事ができるよう、有志で裁判員経験者との交流団体である裁判員経験者ネットワークを設立し、共同代表世話人として2ヶ月に一度、交流会を開催するなど、積極的な活動を続けています。


裁判員経験者ネットワーク https://saibanin-keiken.net/


弁護士 牧野 茂

所属団体
  • 第二東京弁護士会(17922)
  • 第二東京弁護士会裁判員センター
  • 日弁連刑事弁護センター幹事 
著書
  • 裁判員裁判のいま(成文堂)
  • 取調べの録画ビデオ~その撮り方と証拠化~(成文堂)
  • 「民事陪審は実現できる」(二弁フロンティア2020年1月2月論考)
  • 裁判員制度の10年(日本評論社)

事務所概要

名称 フェアネス法律事務所 弁護士 牧野 茂
所在地 〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル10階
電話番号 / FAX番号 TEL:03-3500-5330 / FAX:03-3500-5331
対応時間 平日:9:00~18:00 ※時間外も対応しております(要予約)
定休日 土・日・祝日 ※対応しております(要予約)
アクセス

地下鉄銀座線虎ノ門駅下車(7番出口より徒歩1分)

丸ノ内線・日比谷線・千代田線 霞が関駅下車 A12出口より 徒歩3分

  • 牧野弁護士
  • 事務所外観